本文へスキップします。

H1

コンテンツ

Profile

入社年度:2016年度 新卒
学生時代の専攻:原子物理学


学生時代、純粋な学問としての物理学を学ぶ。卒業論文で数値計算のプログラムを書いたことがきっかけで、ソフトウェアに興味を持つことになった。就職活動の当初、IT系のソフトウェア企業を志望していたが、メーカーである新川は、ソフトだけでなくハードにも携われる、かつ、大規模システム会社ではできない上流工程から下流工程まで自社で行っている、という点に魅力を感じ入社を決めた。

組み込みシステム特有なことに苦労もあるが、
他分野のエンジニアとの開発に、
楽しさを感じている。

入社1年目、現在は先輩のもとで業務を手伝い、適切なコミュニケーションが図れるように、業務知識の習得に励む日々です。組み込みシステム特有の技術やコーディング方法は、OJTやセミナーの受講で基礎から学んでいます。また、ソフトウェア設計者として一人前に仕事を進めるためには、制御コードを読みながら装置の動きを細かく理解しなければなりません。近いうちに行われる開発に向けて、装置の細かい仕様も、合わせて学習しています。

プログラムは学生時代に学びましたが、組み込みシステムはソフトウェアだけでなく、機械ありきのもの。機械の知識も必要なことに苦労しています。しかしその分、ソフトウェアだけに偏らない経験ができますし、他分野の電気設計エンジニアや機械設計エンジニアと協力しての開発に、楽しさを感じています。

主体的に取り組めば、若手でも未経験のことに挑戦できる。

仕事を進めていく上で大事にしていることは二つあり、一つは時間管理。一日の終わりに次の日にやるべきことを優先順位をつけ、リストアップしておき、次の日にそれを見ながら集中して取り組みます。また、休憩時間はきちんと休み、メリハリをつけて業務に取り組むよう心掛けています。
二つ目は丁寧なコミュニケーション。例えば質問があるとき、まず自分は何がわかっていて何がわからないのかを明確にします。それから必要に応じて図に描き起こし、質問するようにしています。

新川は自由に自分のやりたいことができ、言いたいことが言える環境だと思います。若手でも未経験のことに挑戦できる社風です。逆に言えば、主体的に取り組まなければ時間ばかりを浪費してしまう環境であるとも言えます。

また、海外出身者や、海外経験のある同僚が多くいるので、彼らと話す中でいろいろな文化の違い、考え方の違いを知るのはとても楽しいです。

さまざまなことに好奇心と情熱を持って取り組み、
広く知識と技術を身に付けていきたい。

ソフトウェアエンジニアリングを極めたいのはもちろんですが、これから、さまざまなことに好奇心と情熱を持って取り組み、広く知識と技術を身に付けていきたいです。そのために必要なことは、机に向かって取り組む知識のインプットだけではなく、実際に行ってみることや、同僚と話す中で教えてもらうといったコミュニケーションだと思っています。また、いくつになっても新しい技術を一から勉強しようという気概は持ち続けたいですね。

学生時代は、勉強でもアルバイトでも遊びでも、なんでもいいので、興味のあるいろんなことにチャレンジして欲しいと思います。仕事に直接関係ない分野であっても、どこで役に立つか分かりません。私は入社してから、大学で勉強していた中国語が、中国出身の方と話すきっかけになりました。

「自分には無理かもしれない」と思っても、あえてやってみることも大事です。その中で好きなこと、嫌いなことが見えることがあります。