本文へスキップします。

H1

コンテンツ

Profile

入社年度:2014年度 新卒
学生時代の専攻:物性物理学


学生時代、ハードウェア(機械・電気)について開発・設計から加工・保全まで一貫して学び、ロボット製作を通じて開発者としての基礎を習得。在学中からの、動く装置全体のさまざまな分野に関わり開発がしたいという思いと、半導体製造装置の精密・高速な動作への興味から、新川への入社を選択。入社後は、電気設計を中心に機械設計にも業務の幅を広げ、今後はプロセス開発も視野に入れるなど、幅広く装置開発に携わっている。

あこがれの半導体業界での開発エンジニア。
開発がうまくいくと、
日常生活では得られない充実感を感じる。

電気設計(基板設計・ユニット設計・配線設計・DSP・FPGA・モータ制御)を中心に、学生時代の加工の経験を生かし機械設計を行うなど、分野を限定せず幅広く装置開発に携わってきました。現在は、次世代ボンディング装置の開発を担当。開発機をボンディング市場のゲームチェンジャーとするべく、研鑽する日々です。開発が思い通りに行かないこともありますが、構想通りに装置やユニットが動作したとき、お客様に評価されたとき、日常生活では得られない充実感を感じます。改めて装置開発という仕事が好きだと痛感し、現在の職業を選んで良かったと思っています。

開発エンジニアを目指した理由は、父親の影響が大きいです。父が半導体業界で開発エンジニアとして働いていたため、世の中の先端を引っ張るこの業界に、あこがれがありました。中学くらいから将来の職業はエンジニアと考えていました。

活躍できるチャンスを可能な限り生かすため、
自分の分野を限定しない。

仕事をする上で大切にしていることは、「自分の分野を限定しない」こと。活躍できるチャンスを可能な限り生かすため、時間的な制限以外の理由で仕事を断らないようにしています。装置開発を引っ張っていくには、一つの分野だけでなく、多分野にわたる一定の理解が必要であると思っています。全体像が見えなければ、次に何をすべきなのか、自分で考えて行動できないからです。

新川は、望めばあらゆる仕事を任せてもらえる環境です。電気設計エンジニアとして入社しましたが、現在は機械設計も担当。そして今後は、プロセス開発にも関わっていく予定で準備を進めています。

在籍する部署に関していえば、一人一人の仕事量は多いです。毎日定時に退社したい人にはお勧めしませんが、休みは取りやすいと思います。今まで有休や代休を申請して、断られたことは一度もありません。

分野にとらわれず活躍できるエンジニアとして、
装置開発を引っ張っていきたい。

分野にとらわれず、活躍できるエンジニアを目標にしています。最終的には、自分が装置開発を引っ張っていきたいです。

さまざまなことに挑戦し、エンジニアとして成長したいのであれば、新川ほどピッタリな環境はそうありません。楽だとは言いませんが、やりがいは必ず感じられます。
また、海外での仕事を望めば、どの部署でも行くこともできます。お客様の工場のラインを、実際に自分の目で見て、音を聞いて、その環境や装置の使い方から雰囲気まで学べるのも、貴重な経験になります。

エンジニアとして成長したい方、とにかく機械が好きだという方、一緒に未来の半導体業界を作っていきましょう!