本文へスキップします。

H1

コンテンツ

Profile

入社年度:2016年 キャリア採用
学生時代の専攻:機械情報工学


学生時代、機械・電気を含めたメカトロニクスを学ぶ。卒業研究のテーマに人工筋肉ロボットアームを選んだのをきっかけに、機械設計に興味を持つようになった。卒業後は電子部品業界の企業に入社して生産技術・機械設計に携わったが、グローバルに活躍したいという思いから転職を決意し、新川への入社を決めた。ずっとやりたかった仕事ができるようになり、新川入社は人生を変える大きな一歩になったと感じている。

装置の評価や顧客対応も、日々の重要な仕事。
より高い技術を目指すとともに、
顧客のニーズに的確に応えていく。

発売したばかりのボンディング装置の新製品を担当。装置を改善していくことが、私の主な業務です。

機械設計は設計業務に限らず、装置の評価や顧客対応も、日々の重要な仕事です。設計した装置が、実際に設計目標を達成しているか、評価実験を行い、課題を洗い出して解決方法を見つける、このプロセスを繰り返すことが、より高い技術を生み出します。また、顧客情報や市場動向を定期的に確認しながら、これからどのようなマーケットが伸びていくのか情報を得ることが、顧客ニーズを的確に捉えた開発につながります。

一日中デスクで設計するということはなく、装置の立ち上げや実験などは現場で行うので、メリハリのついた楽しい毎日を過ごせています。そして、他部署の方も関わり合う、非常に大きい範囲の仕事ができています。

重要な業務も若手に任されるので、
一人ひとりの必要性を感じることができる。

私が携わるボンディング装置の技術の多くは最先端のもの。常に新しい知識を学びながらの業務は、毎日のやりがいです。また、他社との競争を勝ち抜くには、開発部門での新技術の開発、特許取得が必要。豊かな経験を持っている先輩はもちろん、若手社員も参加し、みんなで力合わせてアイデアを出し合う機会が持てます。

若手が意見を出しやすく、成長しやすい職場だと思います。いろいろな重要な業務も若手に任されるので、一人ひとりの必要性を感じることができます。社内の情報システムなどにより、コミュニケーションが取りやすく、他部署と情報交換できるのも、非常に良い環境の一つになっています。

お客様から高い評価を得るため、社内は常にQCDの考え方で仕事を進めています。いつも製品を、高品質【(Q)UALITY】、低価格【(C)OST】、迅速な対応【(D)ELIVERY】で提供する、この共通の意識をもって動くことで、良い雰囲気の中、仕事ができます。

入社3年以内に、少なくとも特許を一つ取り、
会社に貢献したい。
歴史に名を残す業界のリーダーを目指したい。

学生時代からずっと、会社に貢献し、必要とされる社員になりたい、という目標がありました。今まで私が一番やりたかったグローバルな活躍が、新川でこそできる、と思っています。これから新川とともに歩み、自分の目標と会社の目標を達成したい。

また開発部門では、今までにない新しい技術を開発する、という使命があります。そのため入社3年以内に、少なくとも特許を一つ取り、会社に貢献したい。社内では既に複数の女性マネージャーが活躍していますが、更に多くの経験を積み、歴史に名を残す業界のリーダーを目指したいと思っています。

私たちの身のまわりにも、電子デバイスが非常に増えてきました。半導体業界はこれからますます重要な存在となっていくでしょう。より高く、より多岐に渡る技術が要求されるこの仕事に、みなさんも間違いなくやりがいを持てると思います。